2014年10月31日

4.12 信頼性の高いボリュームを作成する 四


コラム:物理ディスクが故障したとき
  仮想ディスクのうち、「Mirror」タイプと「Parity」タイプの仮想ディスクでは、これを構成するメンバーの物理ディスクのうち1台が故障などで読み出せなくなっでも、データが失われることはありません。
  たとえば「Parity」タイプの仮想ドライブを作成した状態で?その仮想ドライブが使用している記憶域プール内の物理ディスクを1台取り外してみます。しかし[PC] 画面では表示内容に一切の変化はなく、ディスクはそのまま使い続けることができます。





関連記事:




  


Posted by server os at 12:38Comments(0)

2014年10月22日

4.4ボリュームのサイズを変更するには 1


  ベーシックディスク上に作成されたシンプルボリュームは、他のディスクに移動したりといった高度な処理はできませんが、記憶領域に空きがある場合に限り、サイズの拡大/縮小が行えます、ここではそうしたシンプルボリュームのサイズ変更の方法について説明します。
  シンブルボリュームのサイズ拡張は、同じハードディスク上の隣り合った領域に未割り当ての領域がある場合に限り実行できます。ただし操作の上では別のハードディスク上の未割当て領域も利用可能で、この場合には、ボリュームは自動的に「スパンボリューム」へと変換されます。windows server Standardサイズ縮小はボリューム内でのファイル配置によって、縮小できるサイズが決まります。
  ここでは説明のために、1TBのディスク中に500GBのシンプルボリュームが確保されている状態から操作を説明します。
ボリュームのサイズを拡張する
1[ディスクの管理]画面で、サイズ変更したいシンプルボリュームを選択して右クリックし、メニューから[ボリュームの拡張]を選択する。
  ●ボリュームの拡張を行っても、記ssされているデータはそのまま残る。





関連記事:




  


Posted by server os at 14:36Comments(0)